子供の脱毛サロン通いは何歳からがおすすめ?

 

 

子供脱毛※小学生や中学生も脱毛OKエステサロンでムダ毛悩み解消

小・中学生の脱毛でお悩みの方は脱毛サロンがオススメ!

 

ムダ毛というのは、誰もが持っている悩みです。
男性だって毛で悩んでいる人は大勢いらっしゃいます。
毛は大人になってから悩むものだと思われている人もいますが、今は違います。

 

まだ小学生・中学生の子も毛で悩んでいます。
夏はプールがあるから、ワキ毛が気になる・・・。
腕や足は夏や春、露出をするから気になる・・・。

 

とくに小・中学生の女性が多く悩んでいます。
コンプレックスと思春期が被ってしまうのが一番よくないのです。
なぜなら、性格や人格問題が影響してきてしまうからです。

 

毛で悩む前に、処理できたら言う事なしですよね?
「まだ未成年の子供が脱毛はしていけないのでは?」と疑問に感じている人もいるでしょう。

 

子供でも脱毛は可能です。
質問の中で最も多いのは「子供は肌も弱いけど、脱毛して平気なのか?」
「成長真っ最中の時に脱毛をして効果はあるの?」という点ですね?

 

こういった点も踏まえて、子供脱毛について紹介していきたいと思います。

 

□子供脱毛はOK!効果も出ます

 

小・中学生の子供でも、脱毛は大丈夫です。
場所によってはNGを出している所もありますが、今はほとんどのサロンが小・中学生でも大丈夫なんです。

 

光脱毛・レーザー脱毛と2種類あるのですが、子供脱毛ができるのは光脱毛です。
レーザーは出力も強いですし医療レーザーはクリニック系しか扱っていません!

 

そしてクリニックは15歳未満は施術できないという所がほとんどなので、小・中学生では不可能なのです。

 

出力レベルが高いと、肌への負担も相当あります。
なので、お肌を傷つける以上に、大人と違って肌の厚さが半分ぐらいなのです。
東京都内にある保健所が発行したパンプレットが元です。

 

大人同様の皮膚になるには、16歳を超えないと難しいです。
これは山本皮膚科クリニックさんが伝えています。

 

医療レーザーはできませんが、光脱毛なら出力レベルも低くなっているので、可能です。

 

レベルもその人の肌に合わせて変えられるので、子供がお肌に当てても安心です。

 

光脱毛はサロンが行なっている施術です。

 

効果も気になる所ですよね?
成長期の頃は、毛の量も増えていきます。
剛毛になるのも無理ないでしょう。

 

光脱毛を定期的に行えば、剛毛になる心配はありません。
綺麗な状態を維持できますし、毛はすぐになくなるわけではありません。
少しずつ毛が細くなっていきますので、時間はかかります。

 

発毛細胞に刺激を与えるわけですから、肌への負担も心配・・・という親御さんは多いです。

 

サロンによっては、子供脱毛コースというものがあります。
熱も子供のレベルに合わせて調整していますから、やけどの心配はありません。

 

お肌に負担をできるだけ与えないようにしつつ、すべすべ肌にしていきます。

 

サロンによって通うペースは違いますが、スタッフの方に言われた通り通って入れば問題ないでしょう。

 

□脱毛サロンでチェックする所をしっかり確認しておこう!

 

脱毛サロンはいくつもあるのですが、自分のお子様を通わせる場所についてですが、きちんとチェックしないといけない点があります。

 

それは「子供脱毛コース」があるかないかです。
子供というのは、大人の方より敏感肌になっています。
なので、大人の方が行なっている光脱毛を受けてしまうと、やけどする恐れがあります。

 

やけどをしてしまったら、一生傷が残ってしまうんじゃないかと心配されるのも無理ありません。
そうならないために、安全に施術が行えるサロンをまずは見つけます。

 

サロンのホームページに子供向けコースがあるかまずは確認するのです。

 

子供脱毛コースがあるサロンは、脱毛マシン自体が子供でも施術できるような機会です。

 

肌への負担も抑えて脱毛できるようになっていますからね。

 

痛みも少なく、やけどもしないし、肌にも優しい。
これなら、子供もイヤイヤ通う事はありません。

 

むしろ早く、次の脱毛受けたい!というかもしれませんね。

 

サロン情報が全くない場合、探すのも一苦労でしょう。
一体どこのサロンが子供脱毛を受けられるのか?

 

□子供でも大丈夫な脱毛サロンは?
エピレ
ディオーネ
この2店に関しては、子供脱毛のコースがご用意されています。

 

ディオーネは3歳から受けられるので、幼稚園に通い始めた子であれば問題なしです。

 

エピレは7歳から脱毛が可能となっております。
小学生になると、女の子はとくにませていきます。
周りの目も気になるような年なので、心配なら脱毛をさせてあげましょう。

 

□子供脱毛ができない脱毛サロンは?
銀座カラー
エタラビ
こちらの2店は、子供脱毛コースがありません。
大人の方と同じマシンを使用するので、小・中学生にはオススメしません。

 

銀座カラーの方は16歳以上と年齢が決められています。
そして生理も2回以上来ている事が条件になっています。

 

□小・中学生が通っても良いができれば15歳以上にした方が良い脱毛サロン

 

小・中学生でも、通っている人は通っています。
しかしお肌の状態などを考えると、やっぱり15歳以上からの方が良いサロンを紹介しておきますね。

 

ミュゼプラチナム
脱毛ラボ
この2店は、S.S.C脱毛を使っています。
S.S.C脱毛の特徴は、肌に優しいという事!

 

しかし小・中学生が施術をしても肌に負担が少ないというわけではありません。

 

親がミュゼプラチナムに通っているから、ついでに子供も・・・と行かせている人もいるみたいですが、敏感肌な子供にはあまりオススメしません。

 

行くなら15歳以上になってからが安心です。

 

子供脱毛をするなら、やっぱりディオーネが最年少で受けられます。
ハイパースキン脱毛や脱毛マシンハイパースキンカレンと言います。

 

店舗数もどんどん増えてきていて、業界の中では3位を取得しています。

 

なので、お近くにディオーネがあれば、お子様には一番オススメサロンになります。

 

ハイパースキン脱毛が安心という事を聞いて、たくさんの小・中学生が通っています。

 

しかも、感謝のお手紙をたくさんいただくようで、大人の方よりも小・中学生の子が感謝のお手紙を出しています。

 

痛みがないというのは嬉しいですからね。

 

通うペースですが、1ヶ月に1回程度で問題ありません。
でももっと早く脱毛効果を実感したいという場合は2週間に1回のペースでも問題ありません。

 

一度体験してみる場合は、トライアルコースといって7560円があります。
シェービングも行なってくれるので、自己処理をしなくても良いんです。

 

だいたい30分程度の施術になります。
照射時間を増やしたいと思っているなら、自己処理していった方が良いですね。

 

この30分というのはシェービングと照射を合わせた時間です。
なので、自己処理をしておけば、シェービング(10分)程度が浮く事になります。

 

その10分を照射に使った方がお得感がありますね?

 

続いてはエピレの詳細をご説明します。
キッズ脱毛がコース名になります。
脱毛機会は、TBCのオリジナル脱毛器になります。

 

小学生(7歳)から施術が可能となっております。
コマーシャルでも有名のTBCがプロデュースをしています。
効果に関しては、ほとんどの方が実感しています。

 

速さは個人差がありますが、きちんと通っている方は、ほぼ脱毛効果を得られている状況です。

 

痛みもほとんどありません。

 

通うペースについては、2ヶ月に1回となっています。
TBCは有名ですが、その分勧誘がひどい!という情報も多かったです。

 

今はどうなのか?
2014年1月に勧誘は違反行為とみなされるようになりました。
そのため、今はTBCもひどい勧誘は行なっておりません。

 

店舗数が多いので、通いやすさを重視するならエピレが良いでしょう。

 

脱毛サロンならプロの方が施術を行なってくれるので安心です。

 

でも近くにサロンがなかったり、通わせる交通手段がないなど・・・。
その場合は、家庭用光脱毛機というものがあります。

 

家庭用の脱毛器もいろいろあるのですが、筆者が一番効果があったと感じたのは「ケノン」でした。

 

ただ、ケノンの脱毛器の説明書を読んでいると「子供は使わないでください」と書いてありました。

 

そう書いている以上は、使わない方が一番安全です。
自己責任ですから、親御さんが判断しましょう!
「この子は肌が強いかた大丈夫だろう」
「私も使っているし、一回1箇所照射してみたら問題なかった」という声もありますので、実際に小さいお子様に使っているご家庭もあるようですね!

 

詳しく、ケノンをお子様に使った親御さんの声を見ていきましょう。

 

・36歳Oさん

 

私の娘は現在中学2年生。
「お母さん、毛が濃くて周りの目が気になるから脱毛したい」と相談してきました。

 

「毛なんて、そのままにしておけば良いのよ」とついつい、昔ながらの考えて返してしまったのですが、相当悩んでいたようで泣き出してしまいました。

 

この子なりに相当深刻な悩みだったんだ・・・と思い、脱毛サロンへ行きました。

 

2回通ってみたのですが、思春期の娘なので恥ずかしいから行きたくないとの事。

 

それでも毛で悩んでいる娘を放っておくわけにはいかないので、家庭用脱毛器を購入しました。

 

子供には使っていけないと書いてあったので、まずは数カ所だけ照射してみました。

 

翌日になっても赤みなど一切なかったので問題ありませんでした。

 

レベルを4にして足を照射していきました。
それでも痒がったり、痛がったりしなかったので問題ありませんでした。

 

少しずつではありますが、徐々に薄くなっていって娘自身が一番喜んでいました。

 

・40歳Hさん

 

小学6年生の娘が、中学生になる前に脱毛したいと言いました。

 

脱毛サロンに行くには手間もかかるし、仕事をしている私は一緒についていく事ができません。

 

ケノンを購入して使わせてみました。
レベル6にして行なった結果、肌のトラブルは全くありませんでした。

 

毛の量も少し薄くなっています。

 

・41歳Yさん

 

中学3年の娘は、部活で水泳を行なっています。
夏になると日焼けをしてしまいます。

 

水着になる機会も多いので、脱毛器を購入しました。
日焼けした場所に照射すると、レベル6でも痛みがありました。

 

エステ同様の効果は実感できます。
エベルも10段階になっているので、子供の状態に合わせてレベルを変え、照射できるのは便利ですよ。

 

日焼けしていなければ、痛みもないし安心です。

 

エステで10回20回通うぐらいだったら、家庭用脱毛器を購入した方がコスパにも良いと思います。

 

家族兼用で使えるので、子供が使わなくても他の人が使えますしね。

 

□毛のいじめ

 

毛でいじめられるという発想は今までありませんでした。

 

しかし、今は毛が生えているだけで、いじめられてしまう時代です。

 

小学生の頃って、言って良い事と悪い事の区別かまだできません。

 

女の子の産毛が濃いだけで「あいつ毛が俺より濃いんだけど」「ゴリラだな」「産毛もじゃもじゃ女〜」など言われて、コンプレックスになってしまう女性も多くいます。

 

高学年になると、男子からのいじめは未だに継続し、同性の女子にまで指摘されるようになるんです。

 

だんだんストレスに感じてきてしまい、学校に行きたくない!と部屋に閉じこもってしまうケースもあります。

 

一人から始まって、どんどん情報が流れて行くと、いじめの的になってしまうのです。

 

思春期の時期は、一番デリケートです。
そしておしゃれを楽しみたい時期でもありますし、恋人ができて一番楽しい時期です。

 

親からしてみれば、毛は放置しておけば良いと思うかもしれません。
でも子供にとっては、大きな悩みです。

 

ご両親の悩みでいうと、今月支払いが多くて赤字になってしまう。
どうやって支払ったら良いものか・・・
深刻な悩みですよね?

 

それと同じです。

 

□子供脱毛について知識を身につけておこう!

 

ムダ毛を処理する時に、カミソリが手っ取り早くコスパも良いです。

 

しかしカミソリは肌にあるバリア機能を低下させてしまいます。

 

そしてカサカサ肌になってしまいます。
毛もすぐに生えてくるでしょう。

 

剃った数時間後にはチクチクした毛が生えてきます。

 

チクチクする方が、周りと腕を組んだり触ったりしただけで「チクチクするんだけど」と言われて、余計に落ち込んでしまいます。

 

子供脱毛を行う場合、親御さんが必ず同伴しないといけません!

 

子供一人で行っても施術は受けらないので注意しましょう。

 

予約を取るなら、親御さんも空いている日に入れてください。
急遽仕事になって、子供だけ行かせる事はできませんので。

 

子供脱毛ができるエピレ・ディオーネで予約をしましょう!

 

ただし日焼けしやすいお子様や、ケロイド体質の場合はエピレよりディオーネを選んだ方が良いです。